化学系ベンチャー企業の一日の流れ①

化学系ベンチャー企業編
Sponsored Link

こんにちは。博士ブログの はくし です

 

私は博士課程を取得し一度ポスドクになった後、従業員4名のスタートアップベンチャー企業に就職しました

 

そんな私がベンチャー企業への就職や転職を考えている方、またベンチャー企業について少しでも興味関心がある方にベンチャー企業の中身を知っていただければと記事を書いております

 

これまでにベンチャー企業は本当にブラックなのか?という内容の記事の中で、ベンチャー企業の業務内容について書いていますが、ベンチャー企業での一日の流れは日によって大きく違うため(そこがベンチャー企業に勤務する上で楽しいところ)、とても抽象的な内容になってしまっています(申し訳ございません( ;∀;))

 

なので、定期的に一日の流れについて紹介していくことで、より化学系ベンチャー企業勤務者の内情について知って頂けるといいなとこの記事を書いています

 

はくしくん
こんにちは。今回はとあるベンチャー企業のとある日の一日の流れを紹介していくよ!

材料系ベンチャー企業の一日の流れ①

Sponsored Link

8:30 出社

業務開始時間が9:00なので、メールやニュース、一日のスケジュールのチェックなどをしています

 

9:00~10:30 研究成果報告会資料作成

本日は午後から月一回開催される研究の進歩を報告する会があるため、その資料の作成をしていました

 

10:30~12:00 特許作成についての打ち合わせ

現在取り組んでいる研究の特許化について弁理士さんと打ち合わせです。作成中の特許が他の特許を侵害していないかとかそういった内容ですね

 

12:00~13:00 昼休憩

この日のお昼ご飯は唐揚げ定食でした(*’▽’)

 

13:00~15:20 取締役(3名)と研究成果報告会

一カ月間で得られたデータを取締役の前で発表です(研究室の検討会みたいなものですね)。ここでも現在取り組んでいる研究の特許化について必要なデータやストーリーなんかを議論しました

 

15:30~17:00 弁理士との面談および特許作成

研究報告会のメンバーに弁理士さんを加え、さらに本格的な特許化の打ち合わせです。こういったデータがあると特許申請しやすい(受理されやすい)といった内容です

 

17:00~ 文献検索や実験計画書作成

本日あがった課題についての文献検索や今後の実験計画を作成しました

 

17:30 退社

最近は自宅で村上春樹の『騎士団長殺し』を遅ればせながら読んでいます。笑

 

まとめ

最近は年内特許化を目標に掲げているので、特許関連の打ち合わせが多いですね

 

この日は残業はありませんでしたが、比較的忙しい一日でした

 

終日打ち合わせや面談がある日は、一日中緊張感をもって挑んでいるためいつもより疲れがたまります

 

ベンチャー企業では、ある程度即戦力が求められるため、博士卒で社会経験の全くなかった私でも、入社後1カ月未満でこういった内容の打ち合わせや経営会議にも参加させていただけました

 

これは大企業では味わえないことだと思います

 

ちなみに、入社後一カ月で名刺交換も100回くらいしました。笑

 

少しは参考になりましたか?

 

それではまた後程。

 

Sponsored Link

コメント