【年収公開】博士卒後ベンチャー企業に就職したときの初任給公開します

化学系ベンチャー企業編
Sponsored Link

こんにちは。博士ブログの はくし です

 

私は博士課程を取得し一度ポスドクになった後、従業員4名のスタートアップベンチャー企業に就職しました

 

今回は私がベンチャー企業に就職した時の初任給を公開したいと思います

 

ちなみに、私が就職した時の年齢は20代後半で、職種は研究開発職です

 

はくしくん
こんにちは。今回は、私がベンチャー企業に就職した時の初任給を公開しちゃうよ

博士卒後ベンチャー企業へ就職した時の初任給は?

Sponsored Link

ベンチャー企業のネットでのイメージ

ベンチャー企業の初任給についてネットで調べてみると

ベンチャー企業は大企業と比べて初任給は高いけど、その後ほとんど昇給しないんでしょ?』

というような話をよく目にします

 

それは勤めているベンチャー企業によると思います(儲かっているベンチャー企業はかなり給料が高い)

 

かという私の就職したベンチャー企業は、まだ立ち上げて間もないスタートアップベンチャー企業なので、売り上げが全くないんですよね。そう、0です

 

ですので、私の初任給に関して低い部類だと思います

博士卒ベンチャー勤務の初任給は!

初年度の年収が360万円です

 

ここに残業代が追加されて400万円くらいのペースでもらってました

(もちろん税金がここから引かれます)

 

ちなみに、年俸制(年収を12で割った金額が毎月支給される)でボーナスは無しでした

(要するに月30万円+残業代 です)

 

20代後半男性の平均年収が約344万円なので、The 普通!といったところでしょうか?

 

でも初任給としては少し高いくらいだと思います

 

もちろん博士号を取得しているため、学士や修士卒の人よりはやや高めになるのが当たり前かもしれません。しかし、会社によっては、修士卒と博士卒の初任給が全く同じところもよく目にします

 

ここで一つ言っておかなければならないことがあります

 

私は人材紹介会社経由で就職しました

 

人材紹介会社は、紹介した人材の初年度における年収の約3分の1を報酬として企業からもっていきます

 

だから、私の年収は結構低めに設定されてしまっています……

 

私の場合はポスドクから転職し、入社月は10月であったため、その給料でやりくりしていたのは5カ月間だけなんだけどね

 

これはうちの会社が特別なだけかもしれませんが、10月入社で初給料は11月末でした

 

一般的な企業の初めての給料日は、4月入社なら4月の末になります

 

このあたりは少し特殊なケースとなるので、ベンチャー企業に就職する際は、あらかじめ伺っておかないと『家賃が払えないよ~』というような悲劇を招く可能性があります

 

はくしくん
10月入社だったので5カ月分だけど、平均月33万円くらい頂いてました

ベンチャー企業勤務者の年収が上がらないってホント?

いやいや年収はあがりますよ!

 

実際に私も来年度からは割と年収が増えました

 

もちろんベンチャー企業なので、安定して年収が上がり続けるといったことはなく、高給なわけではありません

 

企業の成長がなければ、10年20年で大企業勤務者とは大きな年収の差が生まれてくると思います

(10年20年同じ化学系ベンチャー企業で働き続ける人がこの時代にそれほど多くはいないですが…)

 

しかし、『もしIPO(株式公開)に成功したら?』『M&A(合併買収)に成功したら?』

 

ベンチャー企業にはストックオプションという制度があります

 

簡単に言うとIPOやM&Aに成功するとデメリットなしで絶対に儲かる株を買える制度です

(怪しい言葉に聞こえますが、全くの合法です)

 

それにIPOに成功したら重役の仲間入りです

 

かといって失敗したらどうしようもないじゃん…

 

そうでもありません!

 

化学系ベンチャー企業に就職してたった一ヶ月間で名刺交換〇〇〇回した話でも触れていますが、私はベンチャー企業に就職してから一カ月の間に大企業の部長やチームリーダーの方々を中心に100枚以上の名刺交換をしました

(私は営業職ではなく、研究開発職です)

 

何人かの方々とは今でも頻繁に連絡を取り合っています

 

つまり化学系の場合、ベンチャー企業に勤務するだけで、多くの大企業とのパイプができます

 

これは転職でも有利だとは思いませんか?

まとめると

若いうちにベンチャー企業で働くことはそれほどリスクもなく、会社が成功した際には大きなメリットをうけることができます

 

しかし会社選びはほんとに大事です

もし、成功の見込みのないベンチャー企業に就職してしまった場合は、転職も考慮に入れておく必要があります

 

参考になりましたか?

 

それではまた後程。

 

Sponsored Link

コメント